Episode 1

新しい数字との出会い

手にした人みんなが、くるっ、くるっとベルトを回す。

いま何かにスタンプするつもりはなくても
みんなおもむろにベルトを回して数字をつくる。



多くの人は、すべての数字を順番にひと通りつくっていく。

0からつくる人と、1からつくる人に分かれて面白いが、
中には自分が好きな数字だけをつくる人がいて、微笑ましい。



印面が反転しているので、数字が合っているか最初戸惑うのも楽しい。
固まっていた頭が、少し解れていくのを感じる。

手遊びみたいにベルトを回すだけで暮らしになんの印影も残さないけれど
好奇心を満たし、未来の暮らしに思いを馳せる幸せな時間だ。



スタンプするという道具機能以外の価値が内在する暮らしのアイテム。

新しい数字との出会いの儀式が済んだら
毎日の暮らしを心地よくカスタマイズしにいこう。

Episode 2

なんの変哲もないノートが
自分のものになる瞬間

文房具や道具は、愛着で選ばれているものが多い。
モレスキンのようなブランドノートが指名買いされるのがそう。

でも、愛着とパフォーマンスはきちんと比例してるのかな。
ブランドノートを毎日の生活で実際に使ってみると
よそ行きの使い方になっていることが多いかも。



バンバン書き込んで、上書きや加筆を繰り返し
アウトプット精度を上げる使い方を本当はしたいけど
もったいなくてか、かしこまってか、できてない。

結局はノートに何を求めるかに行き着くけれど
できれば愛着が持てるノートをどんどん使い潰したいと思う。



一歩立ち返って、
ブランドではないどこにでもある普通のノートに
自然と愛着が湧くことがあるのかな。いや、ない。

はて、これは気持ちの問題か。

発想転換して、無理やり愛着をつくってしまうのはどうだろう。
気後れしない気軽なノートを好きにカスタマイズして
愛着が湧くノートに変身させよう。



ベースとなるノートを見つけて「自分の好きに倣って」加工する。
これで自分メーカーのブランドノート出来上がり。オリジナルだ。

パフォーマンスアップは間違いない。

ノートに対する考えが不足していた自分にサヨナラ、
これからは自分を高めるものに囲まれて心地よく生きるのだ。

暮らしをつくる人たちへ

数字スタンプ「ナンバージュ」は、
毎日の生活をカスタマイズしてこころ豊かに暮らす人のために開発されました。

ひと手間加えるからこそできる自分らしい暮らし。

あなたの自由な使い方で、心地よい暮らしを創造してください。

Instagram